(悪)夢ノート〜くどいほど自問自答してみる〜

完全に日記です。毎日の質を上げて行こうと検討しています。

20180719 仕事&元彼女から電話

今日は午前中はもろもろデスクワーク。

 

 【20180719木】

0800-起床

0900-保育園

0930-出社

1330-1400-ランチ(タイ料理、パクチーだめだ。)

2330-帰宅

2700-睡眠

 

来週は出張でほぼ出ずっぱりの為、デスクワーク中心。凡ミスの対応などなども含めて、仕事がかなりはかどった。

しかし、恐怖というわけでもないが、夜22時頃会社を出ようとすると、しらない番号から受電。電話を取ると2年前に分かれた元彼女からだった。全身に寒気が走った。探り探りな会話をしたが、何の電話だったか。どういう心境でかけてきたのかわからない。口実は僕の仕事関係。僕のラインのホーム画面を息子の写真にしていたことから、結婚したのか。子供がいるのか。付き合っていた頃に被っていた相手なのか等ヒアリングがあった。悪くいうわけではないが、別れる時も含めて関係解消の合意が得られず、非常にタフだった記憶しかない。ヨリを戻す話を打診されるのではないか等、精神的に疲弊することしかないため、本当に恐怖だった。こちらだけが幸せになっている状況に恨みつらみを吐きつけられるのか、危害を加えられるのか(実際背後も気にした)等、こちらは現状妻子持ちの為リスクでしかない連絡だった。実際は、別れたころの事などの答え合わせが乱発したり、妙に4年間付き合ってたよねだの、付き合ってた頃に住んでいたところに今住んでいる等、先方にしては現在進行中のノスタルジーかもしれないが、別れ際のタフさを思い出すにつれて、2年もお互い沙汰も無かったのに「電話が来た」という状況が、一種のオカルト的な恨み憎しみから「呪い」をかけられるんじゃないか、、、と感じた。率直に、恨みつらみを今も感じているかと確認すると、(嘘か誠か)それは無いようだった。そして、先方にも現在彼氏がいるようで仕事の方も順調のようだ。しかし月日の流れの早さを感じた。こちらは結婚して子供がいる状況で、元彼女のこと等、記憶の彼方になっていたが、別れて2年しかたっていないということである。2年前は仕事的にもタフだったし、いまの妻と出会った頃でもある。結局電話しながら歩いて家まで帰った。心境的には、別れてからぱったりだった為、連絡がきて今平穏に暮らしているという様子が分かり良かったが、今なお記憶に思い起こされているという現状には、ありがたいような恐怖なような。。。

 

 

【自分ルール】*20180717Ver4

①健康:太りそうなもの・お菓子は食べない。運動を習慣化する。

②節約:散財(ギャンブル)や見栄でのオゴリもしない。家にあるものを使う。

③時間:時間を決めて動く。妻や息子との時間を大切にする。

④清潔:爪・髭や衣類・部屋などを清潔にする。

⑤教養:興味をもったことはしっかり調べ学ぶ。

⑥関係:妻への家事育児の協力。極力誘いは断らない。御礼等を早くする。

⑦人格:酒の飲み方*1。会話の楽しみ方。動き方を考える。

 *1:酔うまで飲まない。